ビートルズの想い出 reprise

ビートルズを聴いた。

中学生のとき、初めて。

彼らは、幾つかの極めて象徴的なイメージを僕に焼き付けることとなった。

リッケンバッカーの12弦やヘフナーのバイオリンベース。特徴的なスーツスタイル、また当時の英国を反映した服装、髪型。

そのどれもが一体どのようにして手に入れることができるのか、当時まったくわからなかった。サウンドだけじゃなく全体的にかっこいいんだビートルズは、と感じた。こちらは名古屋の片隅、まだインターネットも知らなかった中学生。

 

どこに売っているのか?

お金はいくらあれば買えるのか?

 

そんなことを考えていた。

 

続く